読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

プロも使用する人気のクライミングシューズはこれだ!【中級者・上級者向け】

ボルダリング

手首の怪我が治り2ヶ月ぶりにボルダリングしてみたら2級分ランクダウンしててショックを隠せないわたべーです。

 

最近、リードの日本選手権やボルダリングジャパンカップが行われましたよね。

知らない人のためにも説明しておくと、クライミングの日本一を決める大会です。

どちらの大会もYouTubeにある(リードの方は決勝だけはまだあがっていない)ので、僕も見たんですが、割と選手によって使ってる靴って違います。

クライミングシューズのブランドとしては

  • LA SPORTIVA(スポルティバ)
  • FIVE TEN (5.10 、ファイブテン)
  • SCARPA (スカルパ)
  • Evolve
  • Red Chili
  • TENAYA

なんかがありますが、プロはどのブランドのどんなシューズを使っているのか気になりますよね。

 

そこで第12回ボルダリングジャパンカップ(2017)の準決勝進出者男女各20名の使用シューズを調べてみました

サラっと言ってますが、準決勝は2時間半あって、同時に8名くらいが登るのでなかなか判断が大変で忙しいんですよ。汗

全員のシューズを綺麗に映してくれる訳ではないので、粗い画像からシューズの模様や色などの特徴だけ見取って見分けるわけです。

しかも元々シューズに詳しい訳ではなかったので、まずシューズを覚えるところから始めたので、シューズの判別するのに試合時間の倍の5時間くらいかかった気がします。

ちなみにその動画がこれ


第12回ボルダリングジャパンカップ 男女準決勝

 

そんな僕の汗水たらした調査で、どのシューズが人気なのか分かったので紹介したいと思います。

 

まずブランドから!

使用シューズのブランドの割合はこんな感じでした。男女合わせてます。

f:id:hizikimame:20170307203704p:plain

ブランド名 使用人数
スポルティバ 16
スカルパ 11
ファイブテン 10
テナヤ 3

 

見ての通り、スポルティバ、スカルパ、ファイブテンの三強でした。

この辺りは予想通りな感じです。

個人的にはイボルブとかもっと人気なイメージがあったのに、上級者で使っている人は少ないのでしょうか。。

あとテナヤっていうブランドあったんですね。。。

初心者の僕にとっては初めましてでした。

 

 

ここから男女別人気のシューズランキングを見ていきたいと思います。

まずは男子の3位まで!

 

1位 ドラゴ (スカルパ)

f:id:hizikimame:20170323232114j:plain

引用元:スカルパ「DRAGO」ドラゴ | クライミングセレクトショップ エッジアンドソファー

 

スカルパの名作「フューリア」を基にした高性能モデルのクライミングシューズらしいです。

フューリアと違うのは、フューリアの場合ベルクロ(マジックテープ)が2つあるのに対し、ドラゴはつま先側のベルクロをなくしてトゥフック用のトーラバーを広げている点のよう。

これにより、フューリアよりもトーフックがかかりやすくなっているようです。

 

2位 ハイアングル (ファイブテン)

ボルダリングジャパンカップ男子2連覇を果たした藤井快選手も愛用のシューズで、ほかのクライミングシューズと比べソールが固く仕上がっている模様。

その分小さなホールドにも安定して乗り込むことができ、またヒールフックも安定して決まるようです。

 

デザインも僕好みで2足目買うならこれもありかなと思ってます。(デザインで決めるタイプ)

同率2位 フューチュラ (スポルティバ)

ノーエッジ」という意味不明な特徴を持つシューズ。

どうやら普通のクライミングシューズにある、つま先部分のソールの角が丸く加工されていて、まさにエッジがないらしい。。。

今調べるまで知らなかったのでまじでおどろきました。

僕は角付きの普通のシューズ使ってますが、確かにエッジの先端が少しスタンスに乗ったくらいじゃあ全然スタンスに力入れられない気がします。

てことは確かに角っていらないんじゃね?と納得してしまいました。

このシューズも是非使ってみたいですね。

 

 4位以降は下記の表を見てください。

シューズ名 ブランド 使用人数 主な使用選手
ドラゴ スカルパ 6 山内響選手
原田海選手
ハイアングル ファイブテン 3 藤井快選手
楢崎智亜選手
フューチュラ スポルティバ 3 中野稔選手
今泉結太選手
スクワマ スポルティバ 2 石松大晟選手
インスティンクトVSR スカルパ 2 緒方良行選手
パイソン スポルティバ 1 波田悠貴選手
ミウラXX スポルティバ 1 楢崎明智選手
テスタロッサ スポルティバ 1 杉本怜選手
チーム 5.10 ファイブテン 1 亀山選手
チーム VXI ファイブテン 1 村井隆一選手

 

 

次は女子です!

1位 ハイアングル (ファイブテン)

男子でも2位に食い込んでいたハイアングルが女子では1位となりました。

超人気ですね。ハイアングル。

特徴としてはさっき少し説明したように、固めのソールでエッジングが決まりやすく、ヒールフックも決まりやすいという難易度の高い壁に挑む際に必要な機能が詰まっているシューズです。

 

 ピンクの色も強すぎず、ほどよく可愛くて個人的にハイアングル大好きです。

 

2位  ソリューションwomen (スポルティバ)

 

日本で一番有名なクライミング選手といってもいい野口啓代選手が6年以上愛用しているシューズです。

ヒールフック、トゥフック、スメアリング、エッジングなど、なんでもできるオールランドシューズで、初中級者のも勧められる一品のよう。

ソリューションには黄色とピンクの二種類のモデルがありますが、ピンク色の女性用モデルの方が、柔らかめに作られているらしいです。

 

3位 ソリューションmen  (スポルティバ)

ソリューションのもうひとつのモデル。

ぱっと見男性用にも見えますが、女性でも使っている人が多くてビックリしました!

準決勝では、課題によって二種類のソリューションを使い分けている選手もいましたね。

 

同率3位 オアシ (テナヤ)

 

 

f:id:hizikimame:20170324012531j:plain

引用元:テナヤ「Oasi」オアシ | クライミングセレクトショップ エッジアンドソファー

男子選手で使っている人がいなかったテナヤのシューズですが、女子には少し人気のようで、テナヤのシューズを使っている人が3名ほどいました!

そのなかで人気なのがこのオアシ(Oasi) です。

上級者向けのシューズは、ターンインやダウントゥがキツく、ずっと履いていると足が痛くなってしまいがちですが、この「オアシ」は足の形に無理なく設計されているので履き心地が良いらしい。

トレーニング用にも使えそうですね。

 

同率3位 パイソン  (スポルティバ)

男子にも一人使う選手がいたパイソン。

ソリューションよりも効くといわれるトゥ、ヒールフック性能を持ち、またソールが比較的柔らかいため、足裏感覚に優れ、人口壁用のクライミングに適しているらしいです。

 

6位以降は下記の表を見てください。

 

シューズ名 ブランド 使用人数 主な使用選手
ハイアングル スカルパ 5 野中生萌選手
渡辺沙亜里選手
ソリューションwomen ファイブテン 4 野口啓代選手
伊藤ふたば選手
ソリューションmen スポルティバ 2 太田理裟選手
オアシ テナヤ 2 中村真緒選手
パイソン スポルティバ 2 小武芽生選手
タリファ テナヤ 1 五月女選手
ドラゴ スカルパ 1 川端選手
インスティンクトVSR スカルパ 1 原田朝美選手
スクワマ スポルティバ 1 北脇選手

 

今回の調査は僕が動画を見て判別したものなので多少間違っている可能性があります。

誤りがありましたらコメント等で教えていただけると嬉しいです。

 

月明かりに照らされた海面が星空のように美しかった。in 新日本海フェリー

写真・カメラ 北海道

こんにちは、帰省中のわたべーです。

 

北海道に住んでいる僕は、少しでもお金を節約するために飛行機でなくあえてフェリーで帰省することがあるんですが、そのフェリー上から珍しい写真が撮れたので見てもらいたいと思います!

 

フェリーに乗船したのはちょうど満月の日だった3月12日。

しかもこの日は札幌・小樽あたりはこれでもかっていうくらいの快晴でした。

出航時間が19:30で、乗船する前から今日は星が綺麗だなーとは思っていたんですが、さすがにフェリーに乗ったら星は撮れないだろうと、乗船前に初の星景撮影。

f:id:hizikimame:20170314152728j:plain

オリオン座撮ってみたんですが、うーむ難しいですね。

満月だし、すぐそこ街明かりあるしで光害があったりと星撮るにはあんまし条件は良くなかったですけど、いかに他の方々の撮影が上手いのかが分かりますね。。。

これから精進します。はい。

 

そんなこんなで出航

そこからは船内をぶらぶらしてたんですけど、ふと船の横の甲鈑?に出てみると、海面が月明かりに照らされて輝いててものすごく綺麗!!

三脚は部屋に忘れたので、このシャッターチャンスを逃すまいと、手持ちで頑張って撮りまくりました。

f:id:hizikimame:20170314154152j:plain

こんなに月って明るいんですね。。。

いやー感動です。。。

しかもよく見ると、月明かりが海面で反射して星の軌跡を撮ってみるみたい!

 

下の写真は月明かりを反射してる海面だけ切り取ったものです。

f:id:hizikimame:20170314153947j:plain

光の筋がめちゃくちゃカッコイイ!まるで星空みたいです。

 

てかこの写真って結構レアですよね。

というのも

  • 満月
  • 晴れている
  • 海上にて自分が動いている

という条件でしか撮れないからです。

いやー満月だけだったら1年間に何回も撮れますが、このように色々な条件が合わさることで、またちょっと違った面白い写真が撮れるんですね~~

写真って面白いし、自然は美しいです。

僕の写真自体は下手くそだけど、それでもこの月明かりの素晴らしさはちょっとくらいは伝わったんじゃないかと思います。

 

ちなみにこの写真 kissX7で F2.8  SS 1/4  で撮ったんですが、やっぱり手ぶれしちゃってますね。

あとF2.8で撮ったからか全体的にボケてる感じがする。。。

確か月にピント合わせたので、F2.8だと手前がボケてしまったのか?

 

光の軌跡をくっきり残したいなら、絞ってシャッタースピード早めでISO感度上げて勝負、光の軌跡を何重にも滑らかにしたいなら三脚使ってシャッタースピード遅めって感じで撮るべきだったのか?

うーむカメラの知識が怪しい。。

こういう状況の時はどう撮ったらいいんでしょうか??汗

アドバイスいただけると嬉しいです。

 

こういう貴重なシャッターチャンスを逃さず思い通りの写真撮るためにも、勉強していきたいですね。

 

ちなみに9時頃にも月明かりの海面反射が見れたんですが、月の位置が高くて収めづらかったのと、月の位置が高い分反射も控えめだったということもあり、あんまり満足した写真が撮れませんでした。

f:id:hizikimame:20170314161118j:plain

積丹の方の白い峰々といっしょに撮れたら素敵だったのになー。。。

 

3月に就航したばっかりの「らべんだあ」号に乗れたので、その感想もいつか書きたいと思います。

カメラの被写体として万能なフィギュアおすすめ4選!!

写真・カメラ

こんにちは、ほろ酔いのところすみません、わたべーです。

 

写真ブログなんか見てると、よく居ますよねあのダンボール。

あの目が丸で口が三角のやつです。

そう、ダンボーです。今のカメラ界は奴の独壇場ですよね。

僕の大好きなログカメラっていうブログのヘッダー画像もダンボーの写真です。

 

確かにダンボーはどんな写真にも合います。

風景だって、スナップ写真にだって何にだってあいます。

だからってあいつばかり撮ってると、あいつのしたたかな可愛らしさに飽きてくるんじゃないかと思います。

ですから、ダンボーに打って変わる新しいキャラクターを発掘してやりたいのです。

そんな思いから、どんな写真にでも合うフィギュアを探してみました。

 

ダンボーの実力

新たなフィギュアを紹介する前に、ライバルのダンボーの実力を確認しておきましょう。

僕はダンボーを持っていないので画像を引用させてもらいます。

f:id:hizikimame:20170311225152p:plain

引用元:Amazon

 

ご覧のように無表情なのに、どこか愛くるしい

無表情だからこそ、どんな写真にも合うという憎たらしいほどのスペック。

また関節も可動式のため、ある程度のポージングが可能。

しかも可動域が絶妙らしく、どうやっても可愛くなってしまうという能力を持っているわけです。

僕にその能力を分けてくれ。。。

 

これもflickrから引用したものですが、風景にもバッチリあっちゃうわけです。

Danbo enjoy watching a pretty sprout

単焦点レンズでぼかすのが捗りそうですよね。

 

ダンボーの長所をまとめると

  • どんなポーズ、どんな写真の中でも可愛い
  • どんな写真にも合う
  • 2000円程度ほどとリーズナブル
  • ダンボーならそれほど周りの目も気にならない

というところですよね。

正直、汎用性だけで行くと勝てる奴がいない気がします。

 

 そんなところで、僕が見つけだしたキャラ達(2体だけ)を紹介したいと思います。

 

テッド

f:id:hizikimame:20170311232950p:plain

引用元:Amazon

知ってますかね、映画に出てる世界一下品なテディベアのことです。

映画では、「FUCK」と「SHIT」を繰り返し吐き捨てることで有名な熊ですが、意外にも写真に合うんじゃないかと思います。

というのも、映画の段階で様々なシチュエーションで写ってるわけですから、映画を見た人であれば、写真のテッドにもほとんど違和感を感じないんじゃないかと思います。

もちろん可動式ですので、色んなポージングが可能そうですし、ダンボーとは違ってオプションパーツが豊富なので、綺麗な夜景と水タバコを吸っているテッドなんて意味不明な写真を撮ることもできそうです。

f:id:hizikimame:20170311233712p:plain

 

こんな風に顔のパーツも多くダンボーよりも表情豊かに撮影できそうです。

f:id:hizikimame:20170311233522p:plainアイデア次第で、なかなかシュールな面白い写真が撮れそうですね。

 

しかし、問題点もかなりあります。

映画をテッドを見たことある人ならわかると思いますが、本来テッドはぬいぐるみです。

しかしこのテッドはフィギュアですので、樹脂で出来ています。

汚れには強いかもしれませんが、本来のテッドの持つふわふわ感はありません。

また可動式の犠牲として、関節の部分とかに隙間が入っています。

小さく写せばそれほど写真には支障がないようにも思えますが、何せ販売前で実例が無いぶん判断は難しいです。

またオプションパーツが豊富なためか定価が6500円程度と、ダンボーの2000円に比べると高いです。

ただ、現在Amazonで予約を受け付けしているんですが、1000円ほど安くなってます。

販売開始したら、通常の定価に戻る可能性もあるので買うなら今の方がお得かもしれません。 

正直、どんな写真にもあいそうなフィギュアなんて滅多にありません。

そんなところで、次はネタ枠の紹介です。

 

どーもくん

f:id:hizikimame:20170312002901j:plain

引用元:キャラクター紹介|どーもくんミュージアム|NHKオンライン

 

NHKのアイドル、どーもくんです。

なんか茶色ければだいたい合うんじゃないか説が湧いてきました。

確かに、ポケモンのイーブイとかも結構合いそうですよね。

でもイーブイ系統は全ていけそうだ。。。うーむ法則性がないね。

 

どーもくんはいい感じのフィギュアが販売していなかったので、さらっと終わります。

 

ドアラ

f:id:hizikimame:20170311235646p:plain

引用元:Amazon

 

おなじみ、中日ドラゴンズのアイドルことドアラです。

多分セパ12球団の中で一番有名なマスコットキャラクターでしょう。

youtubeかどこかでドアラがパラパラダンス踊っているのを見ましたが、キレッキレでめちゃくちゃ面白いです。

それがこのフィギュアを使えば再現できちゃうわけです。

というか僕が説明するより、このブログを見たほうが早いです。

www.mayoinu.com

ドアラを使って、漫画みたいなことしてます。

フィギュアを複数体持っていればこんなふうに二次元でさえあり得なかったコラボができちゃうんですね。

ううう、物欲が止まらない。

 

ちなみにドアラは風景とは合わないと思います。

芝生でバク転の格好とかならいいかも。

ただ海とかはどうだろうか。。。。

 

あとドアラはテッドよりさらに高くて12,000円ほどします。笑

なぜドアラが一番高いのかは不明ですが、部屋にいれば何か楽しませてくれそうなのでお金に余裕があったら買いたいですね。

 

 

海外通販で登山靴を購入して損した!?【個人輸入失敗談】

アウトドア 登山

どうも、久しぶりに山に登って疲労困憊中のわたべです。

 

なんかよく耳にしますよね、「海外の店から直接買ったほうが安いよ!!」っていう甘い声。

確かに、登山靴のメーカーの多くが海外のものなので、日本で売られている登山靴は多くは関税やら送料が掛かっているので、海外で販売されている価格よりかは高いとは思います。

実際雪山用登山靴なんか見てると、5万から10万とほんとに靴なのかっていう値段で販売されています。

僕は貧乏大学生で「安い!」だとか、「お得!」という言葉に目が無いのでこの間まで完全なる個人通販信者でした。

しかし実際に海外通販で登山靴を購入してみたらむしろ損しちゃったので、戒めとしてここに書き残しておきます。

 

個人輸入をした理由

まず僕登山靴の個人輸入に挑戦しようと思った理由は、

  1. 登山靴(雪山用)が5~10万円と高すぎた
  2. 登山靴を海外通販で安く手に入れたっていう体験談を聞いた
  3. 店頭での試着が面倒くさい

というかなり安易なものです。

 

買おうとした登山靴は SCARPA モンブランプロGTX MONT BLANC PRO GTXで、

f:id:hizikimame:20170306001400j:plain

出典:Amazon

このように、5万円くらいと普通の登山靴(2~3万)に比べるとかなり高額なわけです。

それで、雪山登山靴たっかーと思って何とか安く買う方法はないかとネットで調べている内に見つけたのがこのブログ。

La Sportiva Nepal Cube GTXを買っちまった 個人輸入 山が好き メシが好き/ウェブリブログ

このブログでは、日本で買うと10万くらいする登山靴が個人輸入で5万くらいで買えたよ!っていう話が紹介されています。

これを見た僕は、

「いい話を聞いたニヤニヤ」

「何としてでも他の人よりもお得に買ってやる!」

という下衆な思いに囚われてしまうわけです。

これが今回の敗因の1つです。

 

格安販売サイト探し

そこから海外通販サイトを漁り始めて、とりあえず個人輸入でお馴染みのtrekkin.comを見てみました。

f:id:hizikimame:20170306002155j:plain

出典:trekkinn.com

 

「あれっ、Amazonと値段変わんないじゃん」

 

多分これはAmazonが健闘して安く商品を提供していると捉えるのが普通なんでしょうが、僕は

 

「いやこれはtrekkinn.comが値段を日本向けにしてるんだ」

「trekkinn.comくそかよ」

 

と根拠もなくtrekkinnを否定して、どんどん他の海外通販サイトを当たり始めます。

もしかしたら、グローバルに商品買ってる俺カッコイイなんていう心理もあったかもしれません。

本当に反省です。

 

でこの安い海外通販サイトを探すっていう行為だけで相当な時間がかかった訳ですが、その結果ようやくめぼしいサイトを見つけます。

 

f:id:hizikimame:20170306002737j:plain

出典:ROCKRUN

 

しかしこの段階で大きなミスをしています。

画面見ると値段が£283.33と書いてありますが、通貨のはみなさんご存知の通りポンドです。

しかし、それまでスイスやスペインの販売サイトを見てきた僕にはユーロ(€)に見えてしまった訳です。

そこで僕は1ユーロ=121円として、£283.33=34000円と換算しました。

しかし実際にはポンドですので、1ポンド=約141円というレートを適用して、約40000円になります。

この時点で6000円安く認識しているわけです。

 

そんなこともつゆ知らずバカな僕は、

「めちゃやす!1万5千近く安いじゃん!」と、

流石に元の値段がこれだけ安かったら日本で買うよりは安いだろうと、ほぼこのサイトで購入することを決心します。

 

そして住所入力とか終えて送料を確認してみると、TNTという輸送会社のサービスを使うようで、追加で62.5ポンドの支払いが必要であるとのこと。

またしてもバカな僕はユーロ換算して、7500円の追加すなわち約42000円払えばいいだね、おーけーおーけーと勝利を確信してしまいます。

しかし実際は8,800円の追加料金であり、この時点で支払い金額は49000円程度に膨れているのです。あほだ。

 

支払い手続き

そしていよいよ支払い手続きへ。

支払いはPayPalという支払いサービスを利用して行いました。

自分はこのPayPalを使ったことがなかったので、会員登録からやってもうここで疲労がピークに達します。もはや理性を失っていると言ってもいいでしょう。

そしてその支払いの最終確認画面で出てきた支払い金額がこちら

f:id:hizikimame:20170306010748j:plain

        ¥50,722

通貨がポンドであることを知っていれば納得の金額ですが、ユーロ換算で見積もっていた僕は、

「おいおいさっきまで42000円くらいの見積もりだったのがなんで8000円も高くなってんだよ!!」

ともう何が何だかよく分からなくなります。 

ちなみにこれは関税を含んでいない金額ですので、上記の金額プラス5000円程度かかります。

つまりこの時点で支払い金額が55000円程度になることは確定なわけです。

確認しておきましょう。Amazonでは54,400円で販売されています。

つまりこの時点で損が確定しています。

普通ならここで止めるかもしれませんが、先ほどご説明した様に僕はすでに思考力を失っています。

また、ここに至るまでに膨大な時間がかかっていることも考えると、今更Amazonに引き返すことはできません。

だってここでAmazonで買っちゃったらこれまでの登山靴購入に関わる全ての行為が否定されちゃうもん。

というわけでフィット感が最も重要である登山靴、ましてや高額な雪山用を海外サイト

で購入してしまったわけです。

 

結果的にクレジットカードでの支払いが50,048円で、商品受け取り時に関税料金を下記の4,900円払ったので、計54,948円でした。

(購入時期とブログ作成時期が少しずれているため、金額も少しずれています。)

f:id:hizikimame:20170308002234j:plain

金額で言うと損というほどではなかったかもしれませんが、購入までにかかった時間を考慮すると完全に損しています。

 

まとめ

個人輸入で商品を買う場合にはこのように追加料金が上積みされていくため、販売サイトの価格だけを見て即決するのは良くないです。

注意すべき項目は

  1. 送料
  2. 関税
  3. 為替レート
  4. 通貨の単位(一般常識のある方は無問題)

です。

 

1.送料

送料はその販売サイトによってかなり違います。今回は約8000円とかなり高かったですが、trekkinnだと3000円以下だったりします。

また今回のように販売サイトの正規送料が高い場合には、輸入代行という方法もあります。

せめて輸入代行をしていればちょっとは安くなったのに・・・・

 

2.関税

関税に関しては今回は4900円でしたが、場合によってはもう少し取られる可能性があります。商品の2割くらいを覚悟しておけばいいでしょう。

 

3.為替レート

為替レートに関しては、円高の時に買うとお得なのと、支払いの際Googleで調べた為替レートがそのまま使われるわけではなく、VISAなどのクレジットカード会社が決めたレートで支払われるらしいのでその辺りに気をつけるといいです。

 

4.通貨の単位

通貨の単位に関しては普通の人は間違えないので大丈夫だと思いますが、一応アドバイスしておくと、その販売サイトがどの国のサイトなのか把握しておくと、こういった凡ミスが減ると思います。

 にしても、ポンドの£ってユーロのEに見える。。。

ほんと紛らわしいので勘弁してください。

 

とりあえずこういう計算だとかが面倒な人は日本の販売サイトもしくは、trekkin.comのように金額が円で表示されているショップで買うことをおすすめします。

今回のこの失敗を僕は「何事も経験だ」というメンタリティーで水に流すことにしましたが、まぁまぁ辛いのでやめといたほうがいいですよ。

 

hiker-hiker.hatenablog.com

 

ランニング用のイヤホンとしてiPhone純正イヤホンをおすすめする5つの理由

生活

f:id:hizikimame:20170303141235p:plain

どうも、実は高校時代陸上部だったわたべー(@watabotchi)です。

 

最近でも自分のガリガリを維持するためにちょくちょく走るんですけど、やっぱり音楽ないとやってらんない!

そんな走りながら音楽を聴くときに問題になるのはイヤホン。

ダメなイヤホンだと走ってる間にポロポロ落ちちゃって、イライラします。

iPhoneの純正イヤホン(EarPods)なんかだとすぐ落ちちゃうんですよね。

 

でもこの間、そのEarPodsにあるアイテム付けるだけでランニングに最適になったので紹介したいと思います。

 

が、その前にこんな声もありますよね。

「Bluetoothイヤホンの方が快適」

「フック付きのイヤホンなら絶対落ちない」

 

ダメウーマン!

 

iPhoneの純正イヤホンじゃランニングに使えないと思ってない?

 

じゃあ質問です。

「男は避妊するときにわざわざピルを買いますか?」

 

 

 

 

 

 

 

「買わない  付けるの」        

 

 

Dirty Work

 

 

付けてごらん、自然とイヤホンに耳が寄ってくるから

 

 

 

 

 

ごめんなさい。綺麗な例えが出てこなかったんです。。。

とりえあず

「ランニングwith音楽に最適なイヤホンがiPhone純正イヤホン(earpods)である理由」

を説明したいと思います。

 

 ランニング用イヤホンに必要な機能

まずランニングにおいてイヤホンに求められる機能は

  1. イヤホンで音楽の操作(再生、一時停止、次の曲、音量)ができる
  2. 安全のため、ある程度外の音が聞こえる
  3. 外れにくい

です。

以上の機能のうち、1と2はiPhone純正イヤホンは完全に満たしてます。

さらにマイクもあるので、ランニング中に仕事の電話が来てもスマートに対応できます。

2に関しても、経験してる方ならご存知でしょうが、嫌味なくらい音漏れします。

電車の中では少し使いにくいですよね。

でも逆に僕はEarpodsの音の抜けの良さが大好きです。

Shureの1万くらいするイヤホンも持ってますが、遮音性が高すぎて、音がこもってる感じがして好きじゃないんですよね。

それにランニング用に使うなら、周りの音も聴こえないと怖いんですよね。

なんか急に自転車とか飛び出してきそうじゃないですか。

だから個人的にはランニング用イヤホンには多少の遮音性の低さが必要だと思います。

 

で、問題は3つ目の理由。

人の耳の構造にもよるとは思うですけど、少なくとも僕の場合の「外れにくさ」は最低ランクです。

20分程度のランニングで15回くらい付け直してました。

というかそのレベルにまで至ると、イヤホンが外れないよう常に耳に手を添えておく状態

「手は添えるだけ」っていうと少しカッコイイですけど、傍から見るとかなりやばい奴だし、もはやイヤホンの意味がないですからね。

それが冒頭からいっているあるアイテムを「付ける」とかなり改善するわけです。

それがコレ

f:id:hizikimame:20170303133106j:plain

EarPods用のシリコンカバーです。

よく百均で羽ついてないタイプはありますよね?

でも圧倒的にこの羽ついてるタイプはおすすめです。

耳の「耳甲介艇」っていうところにフィットしてほとんど落なくなります!!

どうでもいいけど、この耳甲介艇っていう名称かっこ良すぎ。。。

 

ちなみに僕の買った商品の場合は、こんなふうに

f:id:hizikimame:20170303133318j:plain

カバーが4セット付いてるので、無くしたりしても問題ありません。

今回は見やすいように黒のシリコンカバーを付けたんですけど、透明色のもあるので、それをつければ全然目立たないし、そもそもそんなカッコ悪くありません。

これを買う前はガムテームをくっつけて走ってたことを考えれば、相当かっこいい。

ちなみにシリコンカバー購入前

f:id:hizikimame:20170303134754j:plain

こいつらポケットの中に入れておくと勝手に戯れあって絡み合います。童貞の僕を差し置いて。。。許さん。。

 

最近で言うとAirPodsが発売されましたが、一応形状は同じなためカバーを付けることはできるみたいです。

ただし、光学センサーだとかの部分にカバーが被っちゃうので自分で穴あけるなりして工夫しないとダメみたいです。

ですからEarPods使用者の方におすすめです。

 

この方法の一番いいのはBluetoothだったり、フック付きイヤホンだったりの高いイヤホンを買わないくていいっていう点です。

しかもそこそこ音質よくて高機能なEarpodsを使わないのは勿体ないです。

普通にAmazonで買おうと思ったら3000円くらいしますからね

ほんと一回買って見るといいと思います。そんなに高くないので。

まとめ

iPhone純正イヤホンはイヤホンカバーさえつければ

  1. 落ちない
  2. 音抜けが良い
  3. 音楽操作ができる
  4. 安い
  5. 既に持っている人が多い

という5つ理由から超おすすめです。

 

 

この記事が僕の黒歴史にならないことを祈ります。