読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

普通の旅行に飽きたので、面白い旅行企画をてきとーに考えてみた。

一人旅 旅行

f:id:hizikimame:20170210014423j:plain

期末テストが終わりようやく春休みが始まったのに、なぜかテンションの低いわたべーです。

 

大学生にもようやく春が訪れました。これから約2ヶ月間の休みです。

そんな暇な大学生は、相当のぼっちでなければ旅行もします。

ただ思うのですが、正直普通の旅行飽きた感じしませんか?

 

 

僕はかなりの飽き性なので、友達とかとの普通の旅行、例えばその場所で一番有名な観光地に行って、ソフトクリーム食べて、顔の部分だけが切り抜かれたよく分からない看板といっしょに写真撮ったりっていう旅行をしていると、

「あぁー、かえりてぇ」

と心の中で思ってしまいます。

いやもちろん友達との会話が楽しいと思うときもありますよ。

でもやっぱり、じゃらんだとかの雑誌に載ってるスポット巡るだけじゃなんかなーっていう感 

 

「雑誌に写真も載ってるし、だいたい想像できるやん!!」 

「札幌時計台とか行って何するんだよ!」

 

という罵声が僕の心の中では飛び交ってしまうんです。

まぁ僕が天才的なコミュ障であるがために、人といるのが面倒というのが一番なのですが。

 

それでもやはり、普通の友達との旅行でもなるべく楽しめるようにはしたいとは思うので、新たな旅のスタイルを考えてみました。

 

ちなみに僕の理想は、水曜どうでしょうのように当事者たちに多少の苦痛を伴うような旅です。

その方が記憶にも残るし、なんか人の苦しんでる様子ってやっぱりなんか面白いんですよね。笑

そんな下衆な事を思うのは僕だけかもしれませんが、考えてみた旅行プランを発表したいと思います。

ほんと適当に考えたのでクオリティーはお察しで。

自分の中でまともなやつからいきます。

 

ご当地食材料理旅

田舎とかを車でめぐりつつ、道の駅とかに行って面白そうな食材買って、自炊するというものです。

キャンプとかしながらだったら、食費、宿泊費ともに浮かせられて一石二鳥。

さらに料理の腕も良くなる。いいことづくめですね。

キャンピングカーがあるとなおさら捗ります。

これは自分の中で死ぬまでにやりたい旅の一つです。

普通に今年やるかも。

ちなみに鉄腕ダッシュの0円食堂がモチーフになってます。

 

1市町村1善の旅

よくこんなこと言う奴いますよね

 

「あぁ、あそこなんにもないよね!」

 

そう言う奴に僕はいいたい。

 

「お前は行ったことがあるのか?ちゃんと探してみたのか?」と、

 

僕、思うんですよね。

誰でもいいところがあるように、どんな辺鄙な所でもいいところはあると。

これを言えただけで満足。笑

 

つまりこの旅は

「一見魅力がなく、通り過ごしてしまいがちな市町村にもちゃんと目を当てて、その地域のいいところが1つ見つかるまで次の街へ行けない」

という旅です。

別においしいパン屋さんがあるだとか、クセの強い面白い住民がいるとかでもいいでしょう。

ただただ何かを発見して、意外といいところもあるんだなっていうのを知ってほしい。

 

そういう「新しい発見」って旅の醍醐味の一つだと思うんです。

それを能動的に、存分に味わっていこうっていう旅です。

 

一人旅でおすすめです。

 

hiker-hiker.hatenablog.com

 

松尾芭蕉の旅

日本国民全員が知っているであろう俳諧師、松尾芭蕉。

彼にならって日本全国を旅して、それぞれの地域で俳句、短歌を読みながら旅をしようという企画です。

友達の作ったクソみたいなクオリティーの俳句を罵るところがこの企画の醍醐味です。

クソな俳句を作るにしても、その地域の特徴を探さなければならないので、旅の中で暇になることはないでしょう。

滞在した観光地ごとに一句くらいがちょうど良いでしょう。

流石に通った市町村ごとにやるのはしんどそう。

 

あとひとりでこっそり真剣にやるのも良いでしょう。風情があります。

 

桃鉄の旅

目的地を決めて、そこまでのいくつかの経路をすごろく状にして誰が早く目的地に着けるか競争する旅です。

12人ぐらいいたら4人×3チームで争えて楽しそうです。

ゲーム版の場合、進むマスの数だけをサイコロで決めて行く方向は自分で決められる仕組みですが、それと同じように設定してやってしまうと、同じ経路上で遅いか早いかの争いをするだけで、なんか面白くありません。なので、進む方向もサイコロで決めたら、より面白いと思います。

 

ただ、すごろくを描いたしおりを渡した時が一番盛り上がってそこから盛り上がりに欠けそうきそうなのと、先に目的地についたチームはどうすんのっていう問題がありますが、その辺は頑張って考えてください(放棄)

 

何か調べてみたら、同じようなことを考えている人がいるみたいでyoutubeで動画がありますね。

マックスむらいさんが出てるっぽいです。僕は観ません。


【旅】#1 桃鉄を使って車で東京に帰ろう!【福岡→東京1000km 桃鉄の旅】

 

暇なときにでもしおりのモデルを作って追記したいと思います。

 

○○の中心で愛を叫ぶ 旅

なんの中心でもいいです。ただ愛を叫びましょう。

例えば北海道だったら、中心は富良野のあたりなので、幻想的なラベンダー畑の中でひたすら愛を叫んだらいいじゃないでしょうか。

別に都道府県単位じゃなくてもいいでしょう。

市町村レベルでもいいし、なんなら自分の部屋の中心でもいいでしょう。

範囲が小さくなるにつれてどんどん旅行から離れていくので気をつけましょう。

 

彼女、彼氏がいる方にはおすすめかもしれませんね、僕はキレますけど。

 

 完全なボツ案 一覧

・北海道をキャンパスにGPSで絵を描こう!

僕には何が面白いのかよくわかりません。

普通の旅行のサブテーマとしてならいいかもしれませんね。

 

・ダーツの旅

完全なパクリです。

山に刺さったらただの登山になります。

 

・ぶっとびカードの旅

桃鉄のぶっとびカードをただただ現実で使いまくる旅です。

桃鉄ではヘリコプターで移動するぶっとびカードですが、飛行機で代用します。

お金と引き換えにマイルが貯まります

 

・ママチャリでGO!!

ママチャリで遠方に行きましょう。

個人的にはロードバイクで日本一周とかしてる人よりかっこよく感じます。

 

 

他に面白そうな旅行プランが思いついた人はコメントしていただけると嬉しいです。