読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

一人旅の心構え・コツ

f:id:hizikimame:20170130201646j:plain

 

 

みなさんは一人旅をしたことがありますか?

 

日頃仕事など日常生活で煩わしい人間関係を抱えている人にとっては、「一人旅」という言葉の響きに惹かれるものがあるのではないでしょうか

 

しかし、一人で旅行して楽しいのか?、どんなところに行ったらいいのか?

など疑問に思い、踏みとどまっている人も多いはず。

 

そこで一人トリッパーの金の卵であるわたくしわたべーが一人旅の魅力、心構えについて語りたいと思います。

 

 

一人旅の魅力

f:id:hizikimame:20170130214537j:plain

 

個人的に思う一人旅の魅力は

  1. 自分の好きなようにプランが組める
  2. 行くタイミングも自分次第
  3. 人に気を遣う必要がない
  4. 普通の旅行とは違った視点、気持ちで観光できる

です。

1~3に関しては誰でも思いつく魅力だと思いますが、いちおう説明を

 

やっぱり大人になるにつれて友達と時間を合わせるのは厳しくなっていきます。

 

無理やり合わせて一泊二日の小規模な旅行。ほんとはもっといきたいところあったのに・・・・・となりがちです

 

しかし一人旅であればそんなことに気を遣う必要もなく、自分の休みが1週間あればそれをすべて旅行に使えます。

 

そして1週間もあれば、北海道、九州、沖縄、はたまた海外まで、あらゆる選択肢がでてきます

 

友達と賑やかに旅行するのも楽しいですが、ときにはいつもと違った場所で違った体験をしてみるもなかなか楽しいと思います。

 

また一人旅であればプランを変更したり、中止にすることさえも容易です。そんなお手軽さに惹かれて僕は一人でどこでもいってしまいますね。

 

そして何よりも言いたいのは 「4. 普通の旅行とは違った視点、気持ちで観光できるということです。

 

自分の語彙力不足のためにちんけな表現になってしまっていますが、伝わりますでしょうか?笑

 

例えば、普段友だちとの旅行でマイナーな観光地に行っても「なにこれ?つまんな、次のところいこうぜ」という流れになるのが常です。

 

仮に自分はその観光地が気に入っていたとしても、友だちがつまんなさそうな顔してたら、流されやすい僕なんかは

「あぁ、たいした所ではないんだな」

とか思ってしまいます。

 

しかし一人旅であれば、そんな風に他人に合わせ客観的に評価するのではなく、自分の素の気持ちで観光地に接せられるのでその場所が持つ魅力を十分に感じることができます。

 

一人旅の心構え・コツ

さきほどの一人旅の魅力を存分に味わうために心構えが結構重要なんじゃないかと思います。

そこで僕がいつもしてる心構えを紹介します。

  1. 他人の目を気にしない
  2. 予定をガチガチにキメすぎない
  3. サブテーマを持つ
  4. 安く済ませる

挙げてみて思ったより心構えじゃなかった笑 どっちかというのコツですね。

1.他人の目を気にしない

これは一人旅の魅力に掲げていた「人に気を使わなくて済む」というものを存分に味わうためのものです。

 

他人の目さえ気にしなければ経験上寂しくはないです。

 

「人がいっぱいいてみんな楽しそうにしてるのに、ぼくひとり」っていうシチュエーションであれば僕だって寂しいですが、そんなところには一人旅では行きません

てか行くべきではないです笑

 

やはり一人旅でおすすめなのは風景が綺麗なところ、いわば絶景ポイントです。

人が少ないところであればなおさらグッドです。

 

2.予定をガチガチにキメすぎない

普通の旅行と比べて一人旅がなんだかんだ楽しいのって「発見、驚き、意外」があるからだと思うんですよね

 

人が滅多に入らないとこに行って、めちゃくちゃ綺麗なスポットを見つけたり、穴場の居酒屋さんを見つけたり、何かしらの発見が楽しいんですよね一人旅って

 

それを阻害するのがこの「予定をガチガチに決める」という行為です。それに前もって観光地を調べすぎてしまうとだいたいイメージが出来上がっちゃって、実際行ってみたら大したことなかったなんてなりかねません

 

3. サブテーマを持つ

例えば京都に旅行するとしてテーマが「京都の寺を巡る」だけだったら、移動の間であったり、ホテルで泊まっているときなんかはとくに楽しみがないということになってしまいます

 

そこで提唱するのが「サブテーマを持つ」です。例えば上記の京都旅行であれば、「歩いて移動して、京都の街並みや野良猫をカメラでおさえる」などをサブテーマとして持っていれば、移動の間も楽しめるでしょう。

 

僕なんかは一眼レフでの写真撮影が好きなので、街並みをなるべく綺麗に写したり、電車などの移動中には撮った写真を眺めて、どうやったらもう少し上手くなるだろうとか考えたりして、暇を潰してます。

 

僕の場合にはメインテーマが「絶景を見る」で、サブが「撮影技術向上」ですね。

なんでもいいんです。自分が楽しめる暇つぶしを考えておきましょう。

 

4. 安く済ませる

こんな金の卵の僕でも、ふと一人旅中こう考えることがあります

 

「あれ、俺何してるんだろう」

 

一瞬客観的に自分の姿を捉えてしまうと、もう悲観的考えが止まらなくなります。

旅行に行く友達もいないのか・・・みんなは友達とランチしたり、飲み会したり楽しんでるのかなー

 

そんなときに悲観を助長させてしまうのが旅の「費用」です。

これが安ければ、「まっ、安いしいっか」ってなります。(多分僕だけ)

 

だから僕は激安のビジネスホテルに泊まったり、ときにはネカフェに泊まったりとそのへんはストイックに行きます。

ネカフェであれば予約は要りませんし、漫画は読めるしなかなか便利ですよ

 

以上 一人旅のすすめでした