読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ランニング用のイヤホンとしてiPhone純正イヤホンをおすすめする5つの理由

f:id:hizikimame:20170303141235p:plain

どうも、実は高校時代陸上部だったわたべー(@watabotchi)です。

 

最近でも自分のガリガリを維持するためにちょくちょく走るんですけど、やっぱり音楽ないとやってらんない!

そんな走りながら音楽を聴くときに問題になるのはイヤホン。

ダメなイヤホンだと走ってる間にポロポロ落ちちゃって、イライラします。

iPhoneの純正イヤホン(EarPods)なんかだとすぐ落ちちゃうんですよね。

 

でもこの間、そのEarPodsにあるアイテム付けるだけでランニングに最適になったので紹介したいと思います。

 

が、その前にこんな声もありますよね。

「Bluetoothイヤホンの方が快適」

「フック付きのイヤホンなら絶対落ちない」

 

ダメウーマン!

 

iPhoneの純正イヤホンじゃランニングに使えないと思ってない?

 

じゃあ質問です。

「男は避妊するときにわざわざピルを買いますか?」

 

 

 

 

 

 

 

「買わない  付けるの」        

 

 

Dirty Work

 

 

付けてごらん、自然とイヤホンに耳が寄ってくるから

 

 

 

 

 

ごめんなさい。綺麗な例えが出てこなかったんです。。。

とりえあず

「ランニングwith音楽に最適なイヤホンがiPhone純正イヤホン(earpods)である理由」

を説明したいと思います。

 

 ランニング用イヤホンに必要な機能

まずランニングにおいてイヤホンに求められる機能は

  1. イヤホンで音楽の操作(再生、一時停止、次の曲、音量)ができる
  2. 安全のため、ある程度外の音が聞こえる
  3. 外れにくい

です。

以上の機能のうち、1と2はiPhone純正イヤホンは完全に満たしてます。

さらにマイクもあるので、ランニング中に仕事の電話が来てもスマートに対応できます。

2に関しても、経験してる方ならご存知でしょうが、嫌味なくらい音漏れします。

電車の中では少し使いにくいですよね。

でも逆に僕はEarpodsの音の抜けの良さが大好きです。

Shureの1万くらいするイヤホンも持ってますが、遮音性が高すぎて、音がこもってる感じがして好きじゃないんですよね。

それにランニング用に使うなら、周りの音も聴こえないと怖いんですよね。

なんか急に自転車とか飛び出してきそうじゃないですか。

だから個人的にはランニング用イヤホンには多少の遮音性の低さが必要だと思います。

 

で、問題は3つ目の理由。

人の耳の構造にもよるとは思うですけど、少なくとも僕の場合の「外れにくさ」は最低ランクです。

20分程度のランニングで15回くらい付け直してました。

というかそのレベルにまで至ると、イヤホンが外れないよう常に耳に手を添えておく状態

「手は添えるだけ」っていうと少しカッコイイですけど、傍から見るとかなりやばい奴だし、もはやイヤホンの意味がないですからね。

それが冒頭からいっているあるアイテムを「付ける」とかなり改善するわけです。

それがコレ

f:id:hizikimame:20170303133106j:plain

EarPods用のシリコンカバーです。

よく百均で羽ついてないタイプはありますよね?

でも圧倒的にこの羽ついてるタイプはおすすめです。

耳の「耳甲介艇」っていうところにフィットしてほとんど落なくなります!!

どうでもいいけど、この耳甲介艇っていう名称かっこ良すぎ。。。

 

ちなみに僕の買った商品の場合は、こんなふうに

f:id:hizikimame:20170303133318j:plain

カバーが4セット付いてるので、無くしたりしても問題ありません。

今回は見やすいように黒のシリコンカバーを付けたんですけど、透明色のもあるので、それをつければ全然目立たないし、そもそもそんなカッコ悪くありません。

これを買う前はガムテームをくっつけて走ってたことを考えれば、相当かっこいい。

ちなみにシリコンカバー購入前

f:id:hizikimame:20170303134754j:plain

こいつらポケットの中に入れておくと勝手に戯れあって絡み合います。童貞の僕を差し置いて。。。許さん。。

 

最近で言うとAirPodsが発売されましたが、一応形状は同じなためカバーを付けることはできるみたいです。

ただし、光学センサーだとかの部分にカバーが被っちゃうので自分で穴あけるなりして工夫しないとダメみたいです。

ですからEarPods使用者の方におすすめです。

 

この方法の一番いいのはBluetoothだったり、フック付きイヤホンだったりの高いイヤホンを買わないくていいっていう点です。

しかもそこそこ音質よくて高機能なEarpodsを使わないのは勿体ないです。

普通にAmazonで買おうと思ったら3000円くらいしますからね

ほんと一回買って見るといいと思います。そんなに高くないので。

まとめ

iPhone純正イヤホンはイヤホンカバーさえつければ

  1. 落ちない
  2. 音抜けが良い
  3. 音楽操作ができる
  4. 安い
  5. 既に持っている人が多い

という5つ理由から超おすすめです。

 

 

この記事が僕の黒歴史にならないことを祈ります。

モエレ沼公園は間違いなく冬のほうが美しい!!

f:id:hizikimame:20170228224141j:plain

こんにちは、わたべです。

今日札幌市民憩いの「モエレ沼公園」に行ってきたので少し紹介したいと思います。

 

そもそもモエレ沼公園てご存知ですか?

夜景で有名な「藻岩山(もいわやま)」とは違いますよ!

(僕は一時期、モエレ沼公園のことを藻岩山公園って言ってた。恥)

でこんなところ。

f:id:hizikimame:20170228222215j:plain

こんな風に、なかなかおしゃんてぃーな公園なわけです。

そしておしゃんてぃーなだけじゃない!

実はこの公園、ゴミで出来てるらしいのです。

写真の上部に見える山の大部分がゴミからできてるらしいです。

僕はそこにはそんなに興味がないので詳しくは公式ページで確認してみてください。

モエレ沼公園-イサム・ノグチ設計 | 公式サイト

 

「はいはい、結局のところただの公園でしょ」と思った方、侮ることなかれ。

実は最近docomo galaxyのcmにも出てるんです!

見落としがちだけど、個人的には札幌のおすすめ観光スポットですよ!

youtu.be

(1:01あたりが分かりやすい)

でも上の写真なんかは秋とったもので、cmなんかも多分夏頃撮ったものです

雪のない時期のモエレ沼公園っていうのはまぁまぁ有名なんですが、冬のモエレ沼がいいとはあんまり聞かない。

まぁ雪のあるときに普通の人は行かないですよね、くそ寒いですし。

しかし!往復16キロある道のりを走って行くほどモエレ沼公園が大好きな僕としては、冬のモエレ沼公園にも日の目があたって欲しいのです。

 

というわけで冬のモエレ沼公園の魅力をレポートしたいと思います。

 

 

最初に言っておくと、モエレ沼公園行くのに迷うやつはあほです。

嫌でも平らな大地にこのようなこんもりした山が見えてきますので、道に迷うことはありえません。

f:id:hizikimame:20170228225112j:plain

よく見ると、山に色んな模様が見えますね。

あれはスノーボーダーやスキーヤーが勝手に滑ってるからあのような軌跡が付いちゃってるわけです。

一番最初に滑る人は気持ちいいでしょうね。

これほど広大なキャンパスに絵を描けるだなんてうらやましいです。

f:id:hizikimame:20170228224645j:plain

東側の斜面はソリエリアなので家族連れ、カップルなんかがわんさかいて、僕のような人間は居づらいと思われますが、僕は最近その領域を超越してきたので、純粋にいいなーと思います。

f:id:hizikimame:20170228232921j:plain

リア充さんたちの雰囲気だけ味わって、これからの参考にしつつ人のいないエリアで撮影の準備にかかります。

まず、モエレ沼公園は当然除雪なんてされていないのでただの格好で散策しようものなら、足が凍傷になってしまいます。

ですから、ジーパンの上からGORE-TEXのズボンをはき、ブーツには買ったばっかりのスノーシュを装着します。

ちなみにそのスノーシューがこれ

f:id:hizikimame:20170228230529j:plain

登山用品は高機能で、普段の生活にも使えるので便利ですねー

ちなみにスノーシューを履かないとこうなります。

f:id:hizikimame:20170228230958j:plain

分かりづらいですが、右足は膝上まで雪にハマっちゃってます。

積雪後は特にスノーシュー必須です。

レンタルもあるようなので、買う必要はありません。

 

でさっきの山(モエレ山)の周りを散策。

人口の樹林帯があるのでそこから行ってみると、

f:id:hizikimame:20170228224703j:plain

小さいつららが可愛い♡

 

さらにソリエリアの反対側に行くと、こっちのほうがあんまり人が来ていないのか山の状態がきれいです。

f:id:hizikimame:20170228224707j:plain

そしてあえてこの踏み固まっていないところから登って行きます。

新雪がもこもこ気持ちいいです。

新雪を踏みしめるときの「もごっ、もごっ」っていう音と感覚が大好きです。

 

そして頂上に到着。

f:id:hizikimame:20170228231551j:plain

札幌市東区最高峰(標高62m)制覇です。

頂上は吹きさらしのためか雪が少ないです。そして人も少ないです。。。

 

この公園の周りはただの平地(ほんとに平地)なので見晴らしがすごく良いです。

すすきのとかの札幌市街の建物もよく見えます。

しかも冬だから空気がすきとおってるーぅ!

f:id:hizikimame:20170228224728j:plain

この写真自体はそんな綺麗じゃないですが、夕日と札幌のビル街そして藻岩山などとのマッチングはここでしか見られない最高の景色です。

 

頂上は寒いので少し下ってみると、なんとシュカブラを見つけました!!

f:id:hizikimame:20170228225016j:plain

シュカブラっていうのは、雪山なんかで見られる風によって出来た雪の模様なんですが、まさかここでみられるとは・・・・

木がないがいいんでしょうね。

 

ってな感じでした。

朝日の出る時間帯の時にも行ってみたいですねー

家から近いので、これからもあらゆるモエレ沼公園の姿を撮影していきたいと思います。

興味がある人は公式ページにでも飛んで調べてみてください。

モエレ沼公園-イサム・ノグチ設計 | 公式サイト

f:id:hizikimame:20170228225056j:plain

スマホカメラ全盛期の今、一眼レフを買ってみて良かったこと、魅力

 

f:id:hizikimame:20170227175117p:plain

こんにちは、わたべです。

最近のスマホはホント綺麗ですよね。

適当に画面タッチしてピント合わせるだけで、それなりにいい写真がとれちゃう。

しかもスマホで撮れば、twitterやfacebookに写真を上げるのもほんとに簡単。

そういう現状を考えると、それほどコンデジや一眼レフに魅力を感じない人も多くなってきているのではないかと思います。

そんな中、僕は一年半前に「男の趣味といえば一眼レフだよね。」くらいの不純な理由で一眼レフを購入しました。笑

でも今は、そんな不純な動機はなく、ただただ純粋にカメラに没頭しています。

えぇ、フルサイズに乗り換えようと思っているくらい決意は固いです。

 

そんな初心者カメラマンの僕が、一眼レフを買ってみてよかったなーと思うことがあったので書きたいと思います。

結論から言うと、それは一眼レフを買うことで

素敵な写真を撮るのに必要なスキルが自然と身につく

ということです。

以下、遠まわしに説明していきます。

 

そもそも写真を撮る意味

一眼レフを買う理由として、一般的に画質が綺麗みたいなことがあげられますが、別にスマホでもよくね?って思いません?

写真が撮れるなら変わんねーよ、と

 その疑問を解決するためには、まず写真の意味・役割を考える必要があると思います。

で、個人的に写真の役割って2つあると思うんです。

 

1つは「物事を記録する」ということです。

これはシンプルで、例えば買い物行く前にメモの写真を撮ったり、学生であれば友達のノートの写しを撮ったりするような場合です。

この場合にはその記録内容さえが分かればよく、その写真の質(綺麗さ、色合い)なんてものは問われません。

ですから、この役割を満たすだけならスマホカメラでも十分です。

 

そして2つ目は、「人の感動を伝える」という役割です。

例えば、プロのカメラマンが撮った風景写真なんかを見ると、「ここいってみたい!」「なんて素敵な場所なんだ。。。」なんて思う場合があると思います。

これは撮影者が「綺麗だ!」と感動した風景を写真に収め、その写真を見た他の人もまた感動したということです。

つまり感動が写真を介して伝播しているわけです。

これを例えば口で説明しようとして、

「この前なホワイトサンズ行って来てんけどな、もうめっちゃ綺麗!」

「もう一面真っ白で、地球上とは思えない!」

なんて友達に言われても、ホワイトサンズを知らない人には十分に伝わりませんし、感動なんてするはずもありません。

しかし、こうした

f:id:hizikimame:20170227130722j:plain

一枚の素敵な写真を見せられるだけで相手の感動がよく伝わります。

 

風景に限らず、人物撮影でもそうだと思います。

例えば、モデルのポスターとか見て、

「めっちゃかわいい!」「まじイケメンかよ!」

と思うかと思いますが、それも感動です。

そして撮影者も少なからず、「この子可愛いなー」とか「この角度で撮ったらもっと可愛いじゃん!!」とか感動してるはずです。

 

つまり写真には感動を伝える役割があると思うわけです。

 

でも人を感動させる写真を撮るのは難しい

面白い出来事に遭遇して、これ友達に話したら絶対受けると思って話してみたら、あんま伝わんなくて、ショックを受ける。こんな経験みなさんはありませんか?

僕は口下手なのでよくこういうことがあります。笑

同じ出来事を話すにしても、口下手な人が話すのと、トークスキルが高い人が話すのとでは、相手が感じる話の面白さは全然違いますよね。

これは口達者な人は話の組立て方や、切り取り方、また時には少し話を盛ったりと会話の技術に優れているのだと思います。

 

これは写真でも一緒だと思ってて、感動させるような写真を撮るには、自分の感動した内容を100%もしくはそれ以上で表現しきる撮影技術が必要だと思うんです。

そうじゃないと人には伝わらない。

この撮影技術というのは、絞り、シャッタースピード、構図、露出、ホワイトバランスなどの調整は勿論、現像技術なども含まれると思います。

そういった細かなコントロールが出来てようやく、思い通りの写真が撮れるようになり、人に伝わる写真が撮れるようになってくるのだと思います。

 

しかしそういったことをすべてオートでしてくれるスマホのカメラで、自分が感動した内容を100%表現しきることは可能なのかと考えると正直無理だと思います。

オートはざっくりとした調整・加工までしかしないので、本当に自分好みの仕上がりになることはありません。

素材がとことんよければ(たとえばウユニ塩湖?)、撮影技術がそんなになくても素材のおかげで誤魔化されて感動を伝えることができますが、自分にしか分からないような小さな感動を伝えることはスマホでは厳しいでしょう。

 

じゃあその撮影技術はどうやったら身につくか?

これは一眼レフを買えば自然と身につきます

(ようやく言いたいことが言えた。笑)

一眼レフにもオート機能はありますが、やはり買ったからにはマニュアル撮影にも挑戦したくなるもの。

そうやってカメラと格闘しているうちに、絞りシャッタースピードと言ったカメラ・写真の基礎を勝手に学べます

正直最初は、「あれiPhoneで撮った方がきれいじゃね?」っていうくらい下手くそだったんですが、最近は少なくともスマホで撮った写真よりかは綺麗だし、友達に撮った写真上げたら、「素敵な写真ありがと!」って言われるようにもなってきました。

 

そういった撮影技術・写真の基礎を学ぶ教材としての要素も持った一眼レフはかなりおすすめです。

しかも今は一眼レフといっても、今ではコンパクトデジタルカメラとほぼ変わらない値段、もしくは安いくらいのものもあるので、一回買ってみるのはありかと思います。

 

僕をカメラの道に招いたくれた Canon EOS kiss X7 にはホント感謝しています。

多分sonyに鞍替えするけど君だけは手放さないよ!